cvs | sparc diary | -current cvs の案内 | macppc の場合

getting sparc/kernel by cvs

cvs login

cvs -d :pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot login

どのような名前のものがあるか調べる (checkout -c)

checkout の代りに 短い co が使える
makoto@milano  23:34:43/991230(~/cvs/NetBSD-current)> cvs -d:pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot co -c
_basesrc-cmp -d src basesrc
_cryptosrc-us-cmp -d src/crypto-us cryptosrc-us/crypto-us
_cryptosrc-us-domestic-cmp -d src/domestic cryptosrc-us/crypto-us
_gnusrc-cmp  -d src/gnu gnusrc/gnu
_sharesrc-cmp -d src/share sharesrc/share
_syssrc-cmp  -a _syssrc-cmp1 _syssrc-cmp2 _syssrc-cmp3
_syssrc-cmp1 -d src/sys syssrc/sys
_syssrc-cmp2 -d src/usr.sbin/config syssrc/usr.sbin/config
_syssrc-cmp3 -d src/usr.sbin/dbsym syssrc/usr.sbin/dbsym
basesrc      basesrc
cryptosrc-us cryptosrc-us
export       -a src-nocrypto
gnusrc       gnusrc
othersrc     othersrc
sharesrc     sharesrc
src          -a src-nocrypto
src-crypto-all -a src-nocrypto _cryptosrc-us-cmp
src-crypto-us -a src-nocrypto _cryptosrc-us-cmp
src-domestic -a src-nocrypto _cryptosrc-us-domestic-cmp
src-nocrypto -a _basesrc-cmp _gnusrc-cmp _sharesrc-cmp _syssrc-cmp
syssrc       syssrc
world        -a .
makoto@milano  23:37:01/991230(~/cvs/NetBSD-current)>

1999-10-23 の checkout(間違い)

 cvs -d :pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot co -D 1999-10-23 syssrc
    0:37 - 3:12 まで 2:40 かかる。
 cvs checkout: move away syssrc/usr.sbin/dbsym/dbtest.c; it is in the way
 C syssrc/usr.sbin/dbsym/dbtest.c
   のような字が限りなく表示される。
   150M bytes も使っている。
     10      CVS
     149950  sys
     438     usr.sbin
 自分の便利のために tar 形式にしておく。
 cd ..
 mv syssrc src
tar zcf ftp://ftp.ki.nu/pub/NetBSD/ 1999-10-23-syssrc.tar.gz src/{sys,usr.sbin} tar.gz 形式だと 16M bytes くらい。 これを /usr で開ければいいはず。 macppc の場合、 70M と書いてあるので、cvs の余分なものが入ってい る気がする。 cd /usr/src/sys/arch/sparc/conf に次のように用意して、
makoto@milano  11:56:36/991231(...sparc/conf)> cat GENERIC_SCSI3_AT 
#       $Id: kernel.shtml,v 1.1.1.1 2008/03/12 10:52:51 makoto Exp $
include "arch/sparc/conf/GENERIC_SCSI3"
options NETATALK
# See 
# netatalk-1.4b2+asun2.1.4/INSTALL/README.NETBSD
makoto@milano  11:56:42/991231(...sparc/conf)> 

101 11:47 cd /usr/src/sys/arch/sparc/conf/ 103 11:47 cp GENERIC_SCSI3 GENERIC_SCSI3_AT 109 11:52 vi GENERIC_SCSI3_AT 114 11:54 config GENERIC_SCSI3_AT 115 11:55 cd ../compile/GENERIC_SCSI3_AT/ 116 11:55 time make text data bss dec hex filename 2056896 110860 204336 2372092 2431fc netbsd 4072.820u 443.792s 1:24:24.93 89.1% 0+0k 5740+20254io 1035pf+0w makoto@milano 13:20:05/991231(...compile/GENERIC_SCSI3_AT)>
と思ったが、

1999-10-23 でなくて 1999-11-09 を持って来る必要

があっ た。
makoto@milano  13:27:10/991231(~)>  cvs -d
:pserver:anoncvs@sup.jp.netbsd.org:/cvs/cvsroot co -D 1999-11-09 syssrc
.....
cvs server: Updating syssrc/usr.sbin/dbsym
makoto@milano  14:10:18/991231(~)> 

43 分もかかる。

tar 形式を作り直し
mv syssrc src
tar zcf /home/ftp/pub/NetBSD/1999-11-09-syssrc.tar.gz src/{sys,usr.sbin}
mv src syssrc
しかし、これから作った kernel (1999-11-09/option NETATALK) は、 立上らなかった。sd4 を probe した後で panic してしまう。 (表示文字列は保存していません) single user にもならない訳で、(本当は随分時間がかかったのだけれど) 結局、1.4.1 の floppy を(見つからなかったので MacOS で作って) boot して
mount /dev/sd2a /mnt
cd /mnt
rm netbsd_GENERIC_SCSI3_AT
ln netbsd.GENERIC_SCSI3 netbsd
で boot して元通りに戻すことが出来た。
実は SCSIid = 3 で、sd0 とか sd3 は試したけれど sd2 と気が付くまで とても時間がかかった。disklabel sd0 などのようにすれば、 mount す る前に様子が分るので、これが一番早かった(はず)。 floppy boot の場合 (sysinst 用) SCSI id の小さい方から順に sd0 sd1 sd2 と振っていく。

以上の内容で、 これは非道い間違いというのがありましたら Email makoto$ki.nu までお知らせ下さい。ありがとうございます。


Last Update
19:52:51 03/12/08
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
Apache/2.0.59 (Unix) mod_ssl/2.0.59 OpenSSL/0.9.8e DAV/2 PHP/4.4.6
Count.cgi
(since 1999/12/31)