Project Namazu | 1.9.13 | namazu-1.9.14 | cvs 版 | Namazu 入門(私家版) | site map (namazu)
入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

Namazu-2.0 (CVS 版)

2. 0 cvs 版を make するためには 次の GNU tool が必要。版数は参考程度。 この辺の事情は namazu/HACKING.jaも参照のこと。
m4 1.4 autoconf に必要
autoconf 2.13 configure.in から configure を作る
automake 1.4 Makefile.in から Makefile を作る。 HACKING-ja にある修正が必要 (そうしないと make dist で問題が起きる)。
gettext 0.10.35 message 国際化
libtool 1.3.3shared library を適切 に作るためなど。2000/01/06 頃から必要になっている。
make 3.78.1 BSD make だとうまく行かないことがある ので gmake という名前で入れておいて、必要な時だけ使う。(1999-12-21 は大丈夫)
cvs 1.10.7 取得に必要 ( ftp.ki.nu から持って行 くならなくてもいい)
これらはたいていの ftp server の GNU directory にある。

autoconf を入れる時に GNU m4 1.1 以降が必要と言われるが make install する時にも先に見えていること。そうでなくても正常に入った ように見えるが、実行すると、また GNU m4 1.1 が必要と言われる。

以上の他に kakasi/Chasen/nkf および 1.4 以降で必要になった それらの Perl 部品も(本来の性能を出すには)当然必要。 そられについては次のところを参照。 namazu 1.9 (準備と Make)

入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

CVS 版と 1.9.x の違い

+ - 入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

取得方法

http://openlab.ring.gr.jp/namazu/development.html.ja に書いてあるように、 cvs を使う。
    % cvs -d :pserver:guest@openlab.ring.gr.jp:/circus/cvsroot login
    (パスワードは guest)
    % cvs -d :pserver:guest@openlab.ring.gr.jp:/circus/cvsroot co namazu
自分の便利のため、次のところに tar 形式を置いている。 (cron を使って、毎日二回調べて、 cvs 保管庫に変更があった時だけ作成している)
ftp://ftp.ki.nu/pub/namazu/
何とこれは ftp://ftp.kddlabs.co.jp/.6/Japan/ki.nu/ namazu/ にも鏡 (mirror) があることを発見。(どうも最近更新されていないよう だが)

入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

組立

./autogen.sh
make
とするだけで良い。 BSD make だとうまく行かない こともある、そういう時には gnu make を使う。(と書いていたが、最近のものは BSD make でも大丈夫になっている)。ただし distclean, clean は(多分)
make -i distclean
make -i clean
のようにする必要がある。また make dist は出来ないかも知れない。

入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

make install

make install をする前に動作確認をする場合も当然考えられる。 その時には mknmz, namazu を実行すればいいが、 /usr/local/share/namazu/pl などは簡単には見ないので、少し注意が必要。

make をした時の mknmz が置いてある所に cd して ./mknmz とすればいい。

namazu の方は(調査中)
make install をすると、 (/usr/local の下の) bin lib man/man1 include/namazu share/namazu etc/namazu に入る。

入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

動作確認 mknmz

まず、 mknmz -C として見る。すると設定が表示される また mknmz --help で詳しい使い方が表示される などがまず問題になると思う。

入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

動作確認 namazu

いくつか方法がある。 入口 | cvs 版と 1.9 | 取得 | 組立 | make install | 動作確認 mknmz | 動作確認 namazu | 日誌

日誌

2000-01-16
macppc の方にはまだ libtool-1.3.3 が入っていなかったので入れてから time make
NetBSD/macppc PPC603e/240MHz で time make
183.042u 267.165s 7:32.69 99.4% 0+0k 1249+2337io 1130pf+0w
makoto@harry  14:11:48/000116(...src-harry/namazu-2000-01-16m)> 
更に以前のものを一応残しておいて 
pushd /usr/local/share
mv namazu namazu-1999-12-27
pushd
make install
makoto@harry  14:20:15/000116(...src-harry/namazu-2000-01-16m)> namazu
使い方: namazu [オプション] <検索式> [インデックス]...
`namazu --help' でより詳しい情報が表示されます

core dump しない。

mknmz して見る

mknmz -O /home6/namazu/software/index \ --replace='s#/amd/milano/export/home##; s#/htdocs#http://www.ki.nu#; ' \ /home/htdocs/software + mknmz -O /home6/namazu/software/index --replace=s#/amd/milano/export/home##; s#/htdocs#http://www.ki.nu#; /home/htdocs/software Reading rcfile: /usr/local/etc/namazu/mknmzrc /home/makoto/.mknmzrc mknmz: Present index is old type. it's unsupported. makoto@harry 14:22:37/000116(~/namazu)>
消してしまってから、 rm /home6/namazu/software/index/N* mknmz -O /home6/namazu/software/index \ --replace='s#/amd/milano/export/home##; s#/htdocs#http://www.ki.nu#; ' \ /home/htdocs/software + mknmz -O /home6/namazu/software/index --replace=s#/amd/milano/export/home##; s#/htdocs#http://www.ki.nu#; /home/htdocs/software Reading rcfile: /usr/local/etc/namazu/mknmzrc /home/makoto/.mknmzrc find_target: Scanned : (2739), Files: (432), Elapsed: (19), Files/sec: (22.7). 0 http://www.ki.nu/software/MHonARC/ [text/html] 1 http://www.ki.nu/software/MHonARC/mlist2html.shtml [text/html] 2 http://www.ki.nu/software/MHonARC/urls.shtml [text/html] 429 http://www.ki.nu/software/test.html [text/plain] 430 http://www.ki.nu/software/tgif/ [text/plain] [Base] Date: Sun Jan 16 14:32:40 2000 Added Files: 431 files Total Files: 431 files Size: 1,899,929 bytes Added Keywords: 40,503 words Total Keywords: 40,503 words Perl: 5.00503 Namazu: 2000-01-16 System: netbsd Wakati: module_kakasi -ieuc -oeuc -w Time: 515 sec.
index/NMZ.*.ja が jis code になっているが、これではうまくないので euc に変換しておく http://tateyama.ki.nu/software/search/ 追加をすると、またおかしい。
2000-01-10
検索結果の漢字コードがおかしい件は、ja_JP.ISO-2022-JP をやめることで解決する。index の NMZ.*.ja を euc に変換 しておく。LANG には ja とする。
2000-01-09
NetBSD では引数無の時に core dump してしまう。localalias.c を修正してから ./autogen.sh すると、いろいろうるさい
time make は (NetBSD-1.4.1/Sparc, SS-2)
675.545u 182.181s 15:43.88 90.8%        0+0k 1228+1883io 111pf+0w
make install は以前の版を残すことにする。
     1  9:52    pushd /usr/local/share
     2  9:52    mv namazu namazu-2000-1-7
     3  9:52    pushd
     4  9:53    make install
.namazurc に LANG ja と書いてあれば問題ないが、 LANG ja_JP.ISO-2022-JP と書くと、2000-1-7 版と同じように 検索画面が 検索式 < で止ってしまう。apache の記録には namazu: Out of memorynamazu: Bad file descriptor という字が残っている。
mknmz をしようとすると、次のように言われてしまう。
Reading rcfile:  /usr/local/etc/namazu/mknmzrc /home/makoto/.mknmzrc
mknmz: Present index is old type. it's unsupported.

別の場所に索引を作ろうとすると、
mknmz: /home6/namazu/software/index2: invalid output directory
と言われる、
mkdir /home6/namazu/software/index2 してから mknmz 
[Base]
Date: Mon Jan 10 10:50:23 2000
Added Files: 426 files
Total Files: 426 files
Size: 1,887,407 bytes
Added Keywords: 40,257 words
Total Keywords: 40,257 words
Perl: 5.00503
Namazu: 2000-1-9
System: netbsd
Wakati: module_kakasi -ieuc -oeuc -w
Time: 1575 sec.

makoto@tateyama  10:50:24/000110(~/namazu)> 
http://tateyama.ki.nu/software/search/ こんどは結果の画面の漢字コードがおかしい。(混っている)
2000-01-07
以前には必要なかった libtool が必要になっている。 ftp.iij.ad.jp に行って site index libtool をすると 1.3.3 というの があるので、それを入れる。 NetBSD-1.4.1/sparc, SS-2 で ./autogen.sh; time make;
665.479u 181.861s 16:06.54 87.6%        0+0k 2456+1902io 1910pf+0w

確か  LANG ja_JP.JIS7 という文字を LANG ja_JP.ISO-2022-JP とする必
要があるはず。

[Append]
Date: Sat Jan  8 09:07:13 2000
Added Files: 2 files
Updated Files: 21 files
Total Files: 424 files
Size: 148,528 bytes
Added Keywords: 301 words
Total Keywords: 40,084 words
Perl: 5.00503
Namazu: 2000-1-7
System: netbsd
Wakati: module_kakasi -ieuc -oeuc -w
Time: 335 sec.
http://tateyama.ki.nu/software/search/ の .namazurc の LANG を LANG ja_JP.ISO-2022-JP と直しておく。(実はこれでは検索開始の画面が途中で終ってしまう ので、とりあえず LANG ja としておく)

そう言えば ChaSen (2)を確めていない。

2000-01-01
2000-01-01m 版を ./autogen.sh; time make すると、
(NetBSD/sparc SS-10, 1.4.1)
chmod +x kwnmz
651.167u 164.802s 14:29.95 93.7%        0+0k 912+1748io 54pf+0w
これで実行した様子。 実はその前に NetBSD/macppc-1.3J で同じことを実行した方
1999-12-27
NetBSD/macppc (1.3J)/PPC 603e/240
きょうの不幸は、 autoconf を make instal する時に /usr/bin/m4 の方が先に見えていて、それで後で autoconf とすると GNU m4 1.1 以後が必要と言われてしまっていた。
Manifying blib/man3/File::MMagic.3
177.963u 257.330s 7:21.36 98.6% 0+0k 603+2302io 111pf+0w

 mknmz -O /tmp/namazu -a -f ~/.mknmzrc-Mail namazu namazu-dev
...
4034 /amd/tatsumi/export/home/makoto/Mail/ml/namazu-dev/1046 [message/rfc822]
4035 /amd/tatsumi/export/home/makoto/Mail/ml/namazu-dev/1047 [message/rfc822]
[Base]
Date: Mon Dec 27 22:40:58 1999
Added Files: 4,036 files
Total Files: 4,036 files
Size: 11,206,415 bytes
Added Keywords: 100,369 words
Total Keywords: 100,369 words
Perl: 5.00503
Namazu: 1999-12-27
System: netbsd
Wakati: module_kakasi -ieuc -oeuc -w
Time: 1686 sec.

makoto@harry  22:41:00/991227(~/Mail/ml)> 
1999-12-26
NetBSD/macppc (1.4.1 の機械)だと mknmz を 1000 個くらい で Out Of Memory! になってしまう。
1999-12-21
全文検索というような日本語の文字が tolower()と locale の 関係で使えなかったのが直った。BSD make でも使える。 .namazurc に LANG ja_JP.JIS7 と書いたら、また日本語が戻って来た。でもこの JIS7 という文字列はまた変るとのこと。
(NetBSD-1.4.1/sparc,SS-2)
./autogen.sh
time make
.....
chmod +x kwnmz
679.795u 168.778s 18:47.52 75.2%        0+0k 880+1787io 54pf+0w
makoto@tateyama  23:37:30/991221(...making/namazu-1999-12-21)> 
(cd /usr/local/share; mv namazu namazu-1999-12-16)
make install
(cd /usr/local/share/namazu; ln -s ../namazu-1999-12-16/index .)

1999-12-20
ChanSen 2 対応になったはず(と言うか ChaSen を使うには 2.0 が必須)。 bnamazu が入った。
bnamazu は操作行 (command line) から起動して使える検索画面 lynx を起動したり出来る。
1999-12-19
多分説明書がここで読めると思う。 ( 日本語 | 英語 ) だと思ったら中身は古いままだった。
1999-12-18
実は committer に入れてもらった。
きょうは何故か 全文検索 が英語になってしまっているし、「全文検索」の文字で何も見つからない。 多分英語になっているのは mknmz の実行時に LANG ja になっていないせいか。
1999-12-18
gmake[1]: Leaving directory `/amd/komekome/home6/making/namazu-1999-12-18m'
680.362u 170.113s 19:42.71 71.9%        0+0k 936+1819io 63pf+0w
makoto@tateyama  9:49:22/991218(...making/namazu-1999-12-18m)> 
src/mknmz で実行すると次のように言われてしまう
Undefined subroutine &util::assert called at src/mknmz line 334.
これは /usr/local/share/namazu/{pl,filter} などが古いままのため。
make install してもう一度。


gmake[1]: Leaving directory `/amd/tatsumi/export/home/makoto/namazu-cvs-work/namazu'
679.283u 167.817s 18:47.93 75.1%        0+0k 1002+1799io 96pf+0w
makoto@tateyama  17:33:17/991218(~/namazu-cvs-work/namazu)> 

1999-12-16
http://tateyama.ki.nu/software/search/ に index.cgi -> /usr/local/bin/namazu として、同じ directory に .namazu の中に
INDEX /usr/local/share/namazu/index
LANG ja
と書いて見る。mknmz 一回目(版数が変) 以前の 1.9.8 が残っているらしい。
mv /usr/local/share/namazu /usr/local/share/namazu-mix しておいてもう一度 make install そのまま実行したら、
mknmz: /usr/local/share/namazu/index: invalid output directory
1999-12-11
前回 1999-12-03 から更新のあった一覧
1999-12-09
gnu make-3.78.1 を gmake という名前で入れたら難なく組立てら れる。
1999-12-03
きょうは次のものに変更があった
U namazu/ChangeLog
U namazu/File-MMagic/perl-File-MMagic.spec
U namazu/nmz/parser.c
U namazu/nmz/parser.h
U namazu/src/namazu.c
U namazu/src/result.c

gettext-0.10.35.tar.gz も必要だということが分る
Making all in po
file=./`echo ja | sed 's,.*/,,'`.gmo  && rm -f $file && PATH=../src:$PATH msgfmt -o $file ja.po
msgfmt: not found

( gettext-0.10.35.tar.gz; ./configure; time make )
Making all in tests
232.607u 52.327s 6:03.38 78.4%  0+0k 801+1444io 45pf+0w
makoto@milano  21:50:12/991203(...making/gettext-0.10.35)> 

で 一つ patch を当ててから
   111  21:29   patch -s -p0 < 1999-12-02-fast-EXCLUDE.patch
./autogen.sh j
make すると po/cat-id-tbl.c がないというので、touch po/cat-id-tbl.c して見てから、
make
....
gcc -g -O2 -Wall -pedantic -o .libs/namazu cgi.o form.o namazu.o output.o result.o usage.o ../intl/libintl.a -L../nmz/.libs -lnmz -lm ../lib/libnmzut.a -lm -Wl,-R/usr/local/lib
creating namazu
make: don't know how to make gcnmz. Stop
*** Error code 1

で止る。
1999-12-02
http://openlab.ring.gr.jp/namazu/development.html.ja に書いてあるように、 cvs から次のようにして、取って来て
    % cvs -d :pserver:guest@openlab.ring.gr.jp:/circus/cvsroot login
    (パスワードは guest)
    % cvs -d :pserver:guest@openlab.ring.gr.jp:/circus/cvsroot co namazu
自分の便利のため、
ftp://ftp.ki.nu/pub/namazu/ 
 にも置いてから、組立てて見る。
  m4-1.4
  automake-1.4
  autoconf-2.13
を入れておく。後で分ったことだが、
  gettext-0.10.35.tar.gz も必要
./autogen.sh
と入力すると autoheader, automake, autoconf, configure
とやってくれる。

checking for Text::Kakasi module... no
となってしまう。
config.log には情報がない。

configure.in の次の行がうまく行っていないと思う。
if $PERL -MText::Kakasi -e '' 1>/dev/null 2> /dev/null; then

次のように入力するとなるほど、おかしい。
 perl -MText::Kakasi -e ''

Can't locate Text/Kakasi.pm in @INC (@INC contains:
/usr/local/lib/perl5/5.00503/sparc-netbsd
/usr/local/lib/perl5/5.00503
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005/sparc-netbsd
/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.005 .).

BEGIN failed--compilation aborted.
makoto@milano  22:01:14/991202(...making/namazu)> 
そう言えば、
http://www.ki.nu/software/namazu/
の表に Text::Kakasi が抜けていた。
configure だけする。
checking for NKF module... yes
checking for Text::Kakasi module... yes
checking for Text::ChaSen1 module... yes
checking for default wakatigaki processor... KAKASI

で make すると、
ranlib libintl.a
Making all in po
make: don't know how to make cat-id-tbl.c. Stop
*** Error code 1

Last Update
19:53:40 03/12/08
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
Apache/2.0.65 (Unix) mod_ssl/2.0.65 OpenSSL/1.0.1g DAV/2 PHP/5.4.26
Count.cgi
(since 1999/12/02)