(入口) | 記事目次 | まえがき | 1.94.4 | 設置方法 | 問題 | NEWLIST | smtpfeed | mlist2html | まとめ | 図表一覧

Majordomo (問題)

さて、折角設置した majordomo-1.94.4 ですが、 いくつかこまかいことで問題があります。
  1. 英語の help
    majordomo@機械名に送った操作 (command) に対して返送される help や案内が日本語になっていない
  2. 連番
    mail 一つ一つに連番が付かない。連番とは
    Subject: [ML 番号」
    X-Mail-Count: 番号
    の番号のことで、何番目のメールかを表わす ものです。 番号を付ける時には sequenser を組合せて使います。 組合せるとは、 図 「majordomo で使われる宛先とその使われ方」 に書いてあるように aliases の設定を少し追加します。 そうして、sequenser がそのままではまだ次の問題があります。
  3. INDEX/MIME 符号化
    INDEX に MIME 符号化されたものがのまま保存されてしまう。
    INDEX とは lists/ ml_name.archive の下に作られるINDEX という名前の譜で 題名などの情報が 一メール二行くらいで書き込まれていくものです。
  4. INDEX/Subject の継続行
    上記に関係して 題名( Subject:) の中に MIME 符号化された結果に改行があると継続行として取扱ってくれず、 INDEX に書かれる題名が途中で切れてしまう。
  5. Re: Re: Re: のこと
    Subject_prefix の機能を使ってSubject: [MLname: 番号] のように番号を付けていると、 Re: [ML 3] Re: [ML 2] のように Re: が増殖してしまう
  6. 配送遅延
    sendmail との組合せでは、配送にはやたら時間がかかってしまうことがある。
などです。これらを解決するために、修正をします。

えーっ、いま入れたばかりなのに、また入れ直し ? と思われるかも知れません。 しかしこのような順に説明を進めるのは二つの理由があります

一つは Majordomo は Perl で書かれています。 ですから、Cで書かれたものと違って、 入れたものをその場で直したり出来ます。旧版を majordomo-original などと名前を変えて隣に置いておけばすぐにどこを直したかなどの違いを調べられます。

もう一つの理由は、上のこととも関連しますが、 patch は僕が使っているもの以外にもあるかも知れません。それを使う時には、 ここから先の部分だけを取替えて(読替えて)いただくことも出来ると思います。

(1)の日本語化については
表の URL を参照して下さい。
(2) から (5) については主として sequencer を変更します。

これらを修正する変更は
 http://www.ki.nu/software/majordomo/sequencer-memo.shtml
から入手することが出来ます。

(6) について smtpfeed を使います。これについては後で説明します。次は ↓ NEWLIST です。
(入口) | 記事目次 | まえがき | 1.94.4 | 設置方法 | 問題 | NEWLIST | smtpfeed | mlist2html | まとめ | 図表一覧

Last Update
19:53:34 03/12/08
CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)
Count.cgi
(since 1999/08/22)